「営業力強化」コンサルタント

CF計算書

キャッシュ・フロー計算書

計算書類( 会社法 )と財務諸表( 金融商品取引法 )

・計算書類:B/S P/L 株主資本等変動計算書 個別注記表
・財務諸表:B/S P/L 株主資本等変動計算書 キャッシュフロー計算書 付属明細書

 

 キャッシュ・フロー計算書とは

現金及び現金同等物の会計期間内の状態を表す。上場会社でない場合は作成義務はない。しかし、経営管理上キャッシュ創出能力は重要なので作成している非上場企業も多い。また、損益計算書だけでは黒字倒産の危険が読み取れないため、金融機関にも重要視されている。
※アカウンティングでの「キャッシュ・フロー計算書」は過去のキャッシュの流れ、ファイナンスでの「フリーキャッシュフロー」は将来のキャッシュフローを予想するものなので全くの別物として考える。

 

 キャッシュ・フロー計算書の対象

キャッシュの範囲=現金及び現金同等物
・手元現金、要求払預金:当座預金、普通預金、通知預金
・価値変動の少ない低リスク短期投資:満期・償還まで3ヶ月以内の定期預金、譲渡性預金、コマーシャルペーパー(CP)、売戻条件付現先、公社債投資信託等
※株式は含まれないことに注意(株式を含む投資信託も不可)、現金同等物は会社によって解釈が違うので注記表に記載

 

キャッシュ・フロー計算書の種類

・    間接法
損益計算書の利益に非資金損益項目、資産・負債の増減などを加減算して表示。
(一般的。2期分のB/S、当期のP/Lを元に計算するので簡単に作成できる。)

・    直接法
営業収入や商品の仕入による支出といった主要な取引ごとに資金の収支を捕捉、総額表示。
(取引ごとに計算するので手間がかかる。IFRSの影響で今後は直接法が主流に。)

 

 キャッシュ・フロー計算書の基本構造

Ⅰ.営業活動によるキャッシュ・フロー【間接法】

  1. 税引前当期純利益
  2. キャッシュフローを伴わない損益(減価償却費、貸倒引当金繰入額など)
  3. 投資活動・財務活動に関連する損益(有価証券売却損益、固定資産売却損益など)
  4. 営業活動に関わる資産、負債の増減額(売掛金・買掛金・棚卸商品などの増減)
    小計
  5. 投資活動・財務活動以外によるキャッシュの増減額(法人税支払額など)
  6. 営業活動によるキャッシュ・フロー

Ⅰ.営業活動によるキャッシュ・フロー【直接法】

  1. 営業収入
  2. 原材料又は商品の仕入による支出
  3. 人件費の支出
  4. その他の営業支出
    小計
  5. 投資活動・財務活動以外によるキャッシュの増減額(法人税支払額など)
  6. 営業活動によるキャッシュ・フロー

 どちらで計算しても「Ⅰ営業活動によるキャッシュ・フロー」の額は一致します。

以下、間接法直接法共通 です。

Ⅱ.投資活動によるキャッシュ・フロー

  1. 投資活動からの収入
  2. 投資活動への支出

Ⅲ.財務活動によるキャッシュ・フロー

  1. 財務活動からの収入
  2. 財務活動への支出

Ⅳ.現金及び現金同等物の増減額

Ⅴ.現金及び現金同等物の期首残高

Ⅵ.現金及び現金同等物の期末残高

 CF計算書は簿記とは違って「理屈」で考える。例えば・・・

  • 売掛金が増える→現金回収できていない→キャッシュアウト
  • 売掛金が減る→現金回収が進んでいる→キャッシュイン
  • 買掛金が増える→現金をまだ払っていない(手許にある)→キャッシュイン
  • 買掛金が減る→現金の支払いが進んでいる→キャッシュアウト

CF計算書が苦手な場合は、ビジネス会計検定3級~2級を学習すると財務諸表とCFの関連性がよくわかり、財務会計の理解が深まります。

お問い合わせ先 info@o-shindan.com Fax 045-530-4448

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お問合せはこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

確認画面は表示されません。上記内容にて送信 しますので、よろしければチェックを入れてください。

Google AdSense

AMAZON

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.